孤男の独り言

キリスト教、仕事の事、過去、現在の事、嫌の思いをした経験を綴っていきます。。

心霊現象?1

数年前、私は高看の学生だった。
高看とは准看護師が正看護師になるための学校である。
私は昼間二部(午前中は病院で准看として働き、午後は学校、終わったら職場に戻って働くのである)に在籍していた。
学校は3年間あるが、3年目は実習になり、働く時間が無くなるので学生の多くは、仕事を辞める。
私も退職し、寮に住んでいたので退居してアパートを借りることになった。
不動産屋は、2LDKのアパートを強く薦めてきた。4万円のアパートだった。
他のアパートが気に入っていたが、強く薦められて、家賃もドンドン安くなり、3万3千円になってしまった。
もしかして事故物件かとも思ったが、7千円安いというのも、微妙な額である。


部屋も広いし日当たりも良い。
まぁ・・・・悪くない。
不動産屋に頼んで、鍵を借りて一度だけ一人でもう一度だけ夕方に訪れ、携帯で写真を撮って何か写っていないか確認したが、何もなかった。


・・・・ここに決めよう・・・・。


棲み始めて日中は何事もなかったが・・・・


・・・夜になると・・・・



自分のすぐ近くで天井や床をきしむ足音・・・・・・


コンコンと壁を叩く音・・・・・・


段ボール箱を指で思い切り弾く音・・・・襖をカタカタ揺らす音。


ガチャンと食器が割れるような音。
実際に割れているわけではないのに・・・・


来た時は異状なかった水回りが、ドブ臭くなってる・・・・


私は、襖に向かって、心の中で話しかけた。
「もし、誰かいるなら襖を叩いてみろ。」


襖が・・・


カタカタカタ・・・・


怖い・・・・



私は、煙草のヤニで茶色くなった、イエズス様の磔刑像(煙草はとっくにやめてた)
を綺麗に拭いていると、ピタリと怪現象?は止んだ。



しかし、すぐにまた、ガチャン・・・ミシミシ・・・パチン!!と再び始まった。





疲れたので、続きはまた後日。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。