孤男の独り言

キリスト教、仕事の事、過去、現在の事、嫌の思いをした経験を綴っていきます。。

心霊現象?3

盛り塩が崩れているなんて、ビックリした。
相変わらず、パチン、パチンと部屋中鳴っている。
実習の記録や、お祈り、音楽を聴くとき、あらゆる行動に出るとき必ず、音が反応している。
怖いという感覚もあるが、何というか、ビクッと来てしまう感じ。
聖歌を、しばらく数日間、定期的に流してみる。効果は・・・




①モーツァルト 「カラヤン指揮 レクイエム」 まったく効かん
    鑑賞目的の録音だからか?・・・


②グレゴリオ聖歌 (いろんなの)これも効かん。ただし、ベネディクト会のは反応した。少しの間、静かになった。上手く説明できないが、部屋の空気が替わった感じ。


③プロテスタントの古い讃美歌、カトリック聖歌集(YOUTUBEでスタンダードな奴を)ベネディクト会のグレゴリオ聖歌同様、最初、静かになった。
 でも5分経たないうちに、パチンパチンと・・・・でも、部屋の空気が変わったのは確かだ。説明は難しいが。
ただし、公会議以降よく歌われるカトリックの典礼聖歌には効果は感じられなかった。
プロテスタントの新しい聖歌は使わなかったので、効果は解らない。


④パレストリーナ、ジョスカン、ヴィクトリアなどポリフォニー・・・全く効かない。
 モーツァルト同様、芸術鑑賞用だからか?
ただし、海外のサイトで購入したCD、(カトリックのカルメル修道女会・・・修道会と言っても少し主流から離れている感じの・・・ピオ10世会のような復古調の・・・が歌う、ポリフォニーや、グレゴリオ聖歌)は②と③同様の反応が見られた。これと同様に、東方教会 サンクトペテルブルグの土曜日の晩祷、大阪正教会の聖歌集も同様、一定の効果がある。怪奇音は少なくなった。一時的だが。


こうしてみると、聖歌や讃美歌そのものより、歌い手がどれほど、
主や、聖母、聖人に意識を向けているかによって効果が左右されるのか?
教派の違い、それ自体にも関係は無さそうであった。
効果がない物は、主に祈りをささげるというより、鑑賞する人に向けて、つまり芸術作品目的でCDを録音したのであろうか。


音楽の他には、ヨハネ・パウロ2世の動画をパソコンで流しながら寝てると、怪奇音は無くなる時期が2,3日続いたことがあった。その後は、なぜか夜中に動画が止まってる。
画面が暗くなっている。パソコンに詳しくないので、原因は解らない。
youtubeから、いくつか動画を拾って流したが、海外の伝記などの関連動画やミサ聖祭の動画より「西海の十字架 教皇と隠れキリシタン」という古い動画が一番、怪奇音に効果あったようだ。何か、素朴なものに反応しているようだ。
実習にもそれほど支障なく、怪奇音で夜中に起きてしまうことが、よくあったが徐々に怪奇音にも慣れ、悪夢も見るわけではないので、それほど怖くなくなってっきた。


その後、ある人に事情を話したら、マリア・ディバインマースィーという神秘家による祈りが良いと、十字軍の祈りというお祈りの紙を頂いた。最初は毎日、唱えていた。
レオ13世の悪魔祓いの祈り、大天使聖ミカエルへの祈りの、長いバージョンも、一緒に貰ったので唱えていた。
しかし、何か、わたしは、これらの祈りに違和感を感じていた・・・・



その後・・・



実習仲間と、徐々に気持ちのすれ違いが出始めた・・・・



自分の自己中さが原因か・・・・
自分でも何か、おかしい・・・・・





その時は意識しなかったが、(祈り文の所々に不自然なところがあった・・・)



今思えば、祈りを唱え始めてから・・・・







それが原因かは解らないが・・・・






一学期分の実習(精神科、しかも研究もとっていた)で、3日も休み・・・・・
先生の助けがあり、無事に研究は出来たが。



仲間から反感を買い・・・・・・・





夏休み中も、それを引きずり、2学期の実習期間中に夜中に激しい腹痛、下痢で失禁、
実習を思い出すと、頭痛、涙がだらだら止まらない…・・
死にたい・・・・・苦しいつらい・・・


学年主任に相談。「あなたが変わらなければ何も変わらない。大人しすぎるから、皆、貴方の事を何考えてるのか解らないといっている。」



「この場で、皆とはなしあったらどうか?」




そんなことできるわけない。




心療内科受診。
鬱だった。そこのドクターは学校のアドバイスに対して、激しく憤ってくれた。
「不可能だ、そんなの。話合いできる仲間なら、貴方に原因があるとしても、そこまで追い詰めたりしない。あなたが実習に来なくなって心配の電話やメール一つ、くれないのは、それは仲間ではない。」
「入院はしない方がよい。あなたの場合、病院から出られなくなるかもしれない。学校を続けたいなら休学して、実家でしばらく療養した方が良い。」
夕方以降、元気になる。
夜中に起きて、筋トレしたり、ジョギングしている。
昼間から、ビール1リットル飲むようになったと話したら、短径的な鬱状態で、
酒は、二度と飲まないように。控えるのではなく、二度と・・・・


学校へ行き、休学手続きをとる。
学年主任は「何もできなくて、ごめんね」
私は3年生を、もう一年続けることになった。
親に事情を話したら、理解してくれて実家で勉強しても良いと言ってくれた。
実家とアパート間の距離は約100キロ、心療内科は、アパートに近かったので、実家とアパートを車で時々往復して生活することにした。





そのときから、何故か、部屋の怪奇音はピタリと止んだ。




全くなくなった・・・・
気持ちの悪い十字軍の祈りはやめた。
マリア・ディバインマースィをネットで調べても、よくわからない。
正体が解らない・・・・・





・・・・しばらくは、静かな夜を過ごせていた。



続きは、また後日。















心霊現象?2

前回の続きだが、磔刑像の他にも、お香を焚いたり、お祈りをしてみた。


お香は、ずっと以前に神父様から祝別して頂いたものだが全く、効き目がなかった。


お祈りは、集中しているうちは、怪奇音は止むのだが、少しでも気を散らすとパチン、


ミシと始まってしまう。
前の職場の人が、引越しの手伝いに来てくれた。
事情を話したが、「私の作ったお守りあげるわ。」と本気にしてくれない。
学校では、友人が少なかったので、相談できるような人がいない。


夢を見た。
アパートが、ごみ屋敷のような廃墟になっていて、ゴミの山のてっぺんで
青い服を着た髪の長い女の人が、首を吊っていた。
私は夢の中でこう言っていた。
「僕は・・・幽霊と言う物を、生まれて初めて見ました・・・」
そして夢の中で目を覚ます。押入れから物音がする。
押入れを開けると、何者かが私の身体に巻き付いている。
目をやると、女の両腕が身体に巻き付いていて、そこで目を覚ますと、金縛りに逢っていた。
私は、金縛りには何度か、あったことがあるが、
不思議な事にそれ以来、今まで金縛りに逢った覚えがない。



もうすぐ基礎看護実習が始まるというのに、こんな怖い思いをするなんて・・・




アパートに駐車場があり、私はそこに車を停めていた。
私は車には小さなマリア様のご像と


ロザリオをかけていた。


同じアパートの住人の男がそれを気に入らなかったようで、駐車場で文句を言っていたのを聞いたことがある。


男は「うっとうしい、外させろ!!」と。
その男の彼女がなだめていた。
「あなたが干渉する権利無いでしょ」
それから駐車場から、そんな不満は聞こえなくなった。




話が少しそれたが、音が頻回だし、浴室やキッチンがドブくさくてラチがあかない。


取りあえず、ファティマの聖母の御絵を引っ越し荷物から出して、壁にかけてみる。
そうすると、確かに音は反応するのだ。音が小さくなる。しかし、音は無くなるわけではない。
教会に行って、事情を話し、神父様に取次ぎを求めたが、信じてくれない。
建物が古いからだとか、ネコでもいるんだろうとか・・・・


東京へ行って、キリスト教専門の書店の人に相談した。丁寧に対応してくれ、祝別した
塩と聖水を頂いた。幾つかのお祈りの紙も頂いた。
こういう現象に悩んでいる人は、意外と多く、時々同じような事で相談に来る人はいるといっていた。


アパートに帰る。
数日後には、いよいよ基礎実習が始まる…


十字架や聖母の御絵を玄関や部屋にかけた。
玄関の聖母の御絵は祝別してなかったので、真下に頂いた塩を盛って置いておいた。
翌日、実習へ行った。




帰ってきたら、驚いた…


玄関に架けていた聖母の御絵が遠くへ投げ落とされている。
下の盛り塩が、崩されている。
状況を見るに、聖母の御絵が外れ落ち、すぐ真下の盛り塩に落ち、その落ちた勢いで御絵が遠くまで行ってしまったのだろう。
部屋に掛けてある十字架や聖母の御絵は、無事だった。
司祭の祝別のお陰であろうか?



何なんだろう?


怪現象か、ただの偶然かは解らない。




疲れたので、続きは後日。



心霊現象?1

数年前、私は高看の学生だった。
高看とは准看護師が正看護師になるための学校である。
私は昼間二部(午前中は病院で准看として働き、午後は学校、終わったら職場に戻って働くのである)に在籍していた。
学校は3年間あるが、3年目は実習になり、働く時間が無くなるので学生の多くは、仕事を辞める。
私も退職し、寮に住んでいたので退居してアパートを借りることになった。
不動産屋は、2LDKのアパートを強く薦めてきた。4万円のアパートだった。
他のアパートが気に入っていたが、強く薦められて、家賃もドンドン安くなり、3万3千円になってしまった。
もしかして事故物件かとも思ったが、7千円安いというのも、微妙な額である。


部屋も広いし日当たりも良い。
まぁ・・・・悪くない。
不動産屋に頼んで、鍵を借りて一度だけ一人でもう一度だけ夕方に訪れ、携帯で写真を撮って何か写っていないか確認したが、何もなかった。


・・・・ここに決めよう・・・・。


棲み始めて日中は何事もなかったが・・・・


・・・夜になると・・・・



自分のすぐ近くで天井や床をきしむ足音・・・・・・


コンコンと壁を叩く音・・・・・・


段ボール箱を指で思い切り弾く音・・・・襖をカタカタ揺らす音。


ガチャンと食器が割れるような音。
実際に割れているわけではないのに・・・・


来た時は異状なかった水回りが、ドブ臭くなってる・・・・


私は、襖に向かって、心の中で話しかけた。
「もし、誰かいるなら襖を叩いてみろ。」


襖が・・・


カタカタカタ・・・・


怖い・・・・



私は、煙草のヤニで茶色くなった、イエズス様の磔刑像(煙草はとっくにやめてた)
を綺麗に拭いていると、ピタリと怪現象?は止んだ。



しかし、すぐにまた、ガチャン・・・ミシミシ・・・パチン!!と再び始まった。





疲れたので、続きはまた後日。